モザイク渓谷

思考するとき それは無意識のままに(野生)の水平線から
やって来る 感情と好物の断片たち。
山にぶつかり たどり着いた漂流物の様。
静寂の川に佇むとき その断片は物語を生む。

Profile

野中健一

グラフィックデザインの学校を卒業後 独学で油絵やイラストを描きながら80年代終わりから90年代中頃 までイラストレーションの仕事をする。(主にSM雑誌やアンダーグラウンドなサブカルチャー雑誌など)

その後 音楽創作(電子音楽 ノイズを伴う音響作品) に興味が移行しそちらを中心に活動をする。アメリカのノイズアーティストとのグラフィックでの交流や、ドイツのフルクサス的なノイズレーベルからの少数限定のリリース、等。

2010年くらいから音楽制作と平行して現在の布地を使った半立体的な絵画作品を制作する。

2013年 ヴァニラ画廊大賞 宮田徹也賞 受賞

 

 

もしかしたら この有機的な時間を共有 体験できるかもしれません。

絵画作品 音楽作品に興味を持っていただいた方はご連絡ください。